教育のために本を読ませましょう

本を読む、ということはさまざまな知識に触れるよいことです。
教育において学校の勉強でいろいろなものを学び、自分が得意な方向性を決めていくのもよいことですがどうしても特殊な分野というものはカバーしきれません。
ですがどのような才能があるのかはわかりませんから、どんなものにでも興味を持たせ、触れさせるということは大切です。
そして本は簡単で、安く、面白いものです。
想像力の翼を羽ばたかせ、どこまでも飛んでいくことができます。
子ども向けならば絵があるものもありますし、実際に触れたような気分になることができます。
そして興味を少しでも持ってくれるようならば、それに関する本を続けて買ってみるのもよいでしょう。
もちろんすぐ飽きて放り投げてしまうかもしれません。
しかしそれすらもまた体験であり、昔こういうことがあり、親は自分のために買ってくれたという大切な共有の思い出となるのです。
本は毎日膨大な数がでています。
ぜひ家族で楽しみ、未来へつなげましょう。