教育のために叱るべきときは叱りましょう。

昨今の教育では叱らない教育、ということがしばしば行われています。
もちろん過剰なそれは体罰に繋がり、子どもの自尊心を傷つけることでしょう。
しかしいずれ社会にでて叱られないことはありません。
だからこそ体験としてしておかねばならないことではあるのです。
そこで理不尽にならないように、うまく叱ってやることが大切です。
ここで問題なのがその子どもそれぞれにどのようにすればいいのかが違うということです。
どう叱るのか、叱った結果どう導きたいのか、衝動的にではなく将来的なビジョンを持ち、確固とした信念をもって叱ってやることが子どもの教育のためには必要なのです。
あるいは自分の方がつらいかもしれません、がっくりとしている子どもを甘やかしてやりたいと思うかもしれませんがそこは心を鬼にして我慢しましょう。
また、子どもがどうして叱られたのか理解しなくてはいけません。
なぜ叱られたのかがぼんやりしているとそれは理不尽につながり、子どもはどこにそれをぶつければいいのかわからなくなってしまいます。
難しいことですが将来のため、しっかり考えて行いましょう。